共有する!
 このエントリーをはてなブックマークに追加 

胸が小さい原因の遺伝要素は30%!あとは女性ホルモンで決まる!


胸が小さいのは遺伝と言う人がいますが、それは違います!
咲江レディスクリニックの院長で、愛知・思春期研究会の代表でもある丹羽咲江先生によると遺伝が胸の大小を決める要素は約30%ほどです。

 

 

胸が大きい人は女性ホルモンの分泌が多く、胸が小さい人は女性ホルモンの分泌が少ないのが胸の大小を決める大きな要素です。
女性ホルモンの分泌はストレスによって大きく分泌量が変わります。

 

 

女性ホルモンが分泌される時期にストレスが多い生活を送っていると分泌量が減少して、胸が発達しない、くびれがはっきりと付かないなど女性らしい体型を妨げてしまうのです!

 

 

スポンサードサーチ

 

 

 

成人になった後でも女性らしい体型への改善は可能!


胸が小さい事や寸胴体型などは遺伝の要素は約3割です。
その他はストレスを溜めない生活が大切になります。

 

 

 

もし、女性ホルモンの分泌が多い思春期から成人期にあるのならストレスを溜めない事を意識した生活、規則正しい生活、一定時間の睡眠時間の確保などで生活を変えてみる方法がベスト対策と言えます!

 

 

しかし、すでに成人を果たした人でも、胸を大きくする事は出来ます。
胸を大きくする成分に特化させたサプリメントや補正下着、または寸胴を改善させる為の商品なども現在ではあるのです!
ただし、この方法は自然ではなく人工的に胸を大きくしたり寸胴を治す事なので、元に戻ってしまったり、失敗する例も報告されています。

 

 

 

まずは商品に頼らず女性ホルモンの分泌を妨げない生活である規則正しい生活を意識して欲しいですね!
成人した後でも女性ホルモンの分泌量は少ないですが、出ているのも事実なんですよ!

共有する!
 このエントリーをはてなブックマークに追加 

チェック!バストアップ方法&バストアップ商品
まな板胸の改善方法
バストアップ商品
チェック!くびれ作り方法&くびれ作り商品
寸胴改善方法
くびれ作り商品


スポンサードサーチ

TOPへ